損してませんか?外壁塗装見積書のチェックしておきたい項目

レンガの家

外壁の危険信号とは?

きれいな家

自宅の外壁に、もしもこのような症状があるのならば、外壁塗装業者へと1度診てもらう事を、強くオススメ致します。
・外壁本体へと、カビやコケなどが大量に生えている※外壁塗装で使用する塗料の性質上、長い年数が経過する事で、劣化が段々と進行してしまい、汚れが非常に着きやすくなります。一旦こうなってしまうと、カビやコケが直ぐに起きやすい状況へと、完全に陥ってしまいます。
・長年日光を浴びたり、風や雨などが直接当たる事によって、ダメージを確実に受けてしまっている※塗料の耐久性が、どうしても弱くなってしまい、どんどんと剥がれ落ちてしまいます。更に雨水の浸入をガードする能力が、著しく劣ってしまいます。その為大切な家屋内部へと、雨が降る度に、雨水が必ず入り込んでしまう為、酷く傷んでしまいます。
・外壁本体にヒビがクッキリと入っている ※塗料が大きく劣化したり、住宅本来が持つ強度などが、極端に下がっている時にも、現れて来てしまいます。
・外壁塗装が継続的に沢山剥がれ落ちてしまう 塗料の膜がすっかり傷んでしまう事で、外壁に施されている塗装は、徐々に剥がれ落ちてしまいます。そうなってしまうと、下地部分がほぼ完璧に剥き出してしまい、毎回雨が降る毎に、忽ち雨水が浸入してしまいます。 以上です。

Pick Up

TOP