損してませんか?外壁塗装見積書のチェックしておきたい項目

レンガの家

外壁塗装で慎重に選びたい塗料パターン

紙の家族と家

外壁塗装は塗料の選択によってかかる費用が変わってきます。ご予算とご自宅の条件によって慎重に検討しましょう。大きく分けますと外壁塗装に使用する塗料は4パターンあります。一つはアクリル樹脂です。価格はかなり抑えることが出来るというのが特徴。無色透明であり高温でも光沢を失わず色落ちも少ないというのが魅力で、電気絶縁性もあります。しかし、耐久性についてはやや落ち5年から7年程度ですので定期的に点検が必要です。次はウレタン樹脂。一般的な外壁塗装に使われており、あらゆる材質にも対応しているというのが特徴です。耐水性や耐油性、気象条件も問わないため欠点が少ないと言えるでしょう。耐久年数は7年から10年ほどでスタンダードな部類、価格も平均的です。そしてシリコン樹脂。気候環境の変化に強く、高層ビルなどにも多く使用されております。塗装表面はガラス質であるため光沢があり硬いという特徴があり、価格はやや高めですが耐久年数が10年から13年程度と長いためしばらくの間塗装を行う予定が無い場合や、外壁面が大きいマンションなどに適しています。
最後はフッ素樹脂。最も値が張るタイプであり、元々は一般家庭よりはビルやマンションに使われている塗料です。ツヤを長持ちさせたいというところには向いており、耐久年数も12年から15年程度まであります。以上の中からご予算と条件を照らし合わせて選定しましょう。

外壁塗装の見積書はここをチェック

外壁塗装は業者によって価格差が生じることがあります。何度も繰り返し行うメンテナンスではないだけに、しっかり行ってくれる外壁塗装業者選びをしたいものです。専門的なことがたくさん書いてあり判断しにくい見積書でチェックしておきたい項目を紹介します。まずは塗料の缶数について、特に木部用や鉄部用などで違う塗料の名称が記入されているかをチェックしましょう。塗る箇所によって、塗料を使い分けるのが一般的なのですが、ここを手抜きされないよう確認が必要です。次は重ね塗りについての記述があるかです。基本は下塗り、中塗り、仕上げ上塗りと3回の塗り作業があります。もちろん外壁状態や気象条件により前後はありますが、見積りの段階で作業工程の予定が立てられているかを
チェックしたいところです。続いて下地調整についてが書かれているかです。基本、塗り作業に入る前に高圧洗浄や研磨作業を行わないと、良い塗装をしてもすぐに剥がれてしまいます。これを省くことで価格を大幅に安くするという業者もありますのでチェックが必要です。同じくヒビを埋めるなどの下地調整が含まれているかも確認しなくては、長持ちしない外壁塗装となってしまうので注意です。このように、見積書でも素人が見分けにくい部分があります。工事に入る前に必ず疑問点は確認しておきましょう。

何に費用が掛かっているのかを知る

外壁塗装は定期的な塗り替えを行う必要がありますが、費用が意外と掛かる工事でもあります。では、一体工事費の内訳はどの様になっているのでしょうか。外壁塗装の工事費は、直接工事費、架設費、諸経費に大きく分かれています。直接工事費とは、実際の外壁塗装を行う際に掛かる費用で、塗料などの材料費、作業員などの人件費、外壁塗装の際の養生や後片付けなどの養生代、運搬費などで構成されています。直接工事費は全体の工事費の70%程度を占め、その大半が人件費に割かれています。次に架設費についてですが、これは作業を行う足場の設置と撤去に掛かる費用になっています。
また、マンションやアパートなどの集合住宅においては、工事の規模が大きくなるので、架設トイレや資材置き場などの費用も掛かります。次に諸経費についてですが、これはさらに現場経費と一般経費に分かれます。現場経費は、保険料や交通費などによって構成され工事費全体で5%程度を占めています。一般経費は、一般管理費と営業利益によって構成されていますが、業者によっては一般管理費と営業利益に大きな開きが存在しています。その差が、大きすぎると外壁塗装の費用が相場よりも高くなるので、この点は注意深くみるといいでしょう。外壁塗装を依頼する際には、適正相場を調べると共に経費が幾ら掛かるのかも合わせて検討してみるといいでしょう。

Pick Up

TOP